じゃどうせいかつ

何でも忘れる僕のメモ帳

まじまじぱーてぃーの記事が心に刺さる件

こんにちは、たかの(@jyadoulife)です。 

話題のプロブロガー、あんちゃ(@annin_book)さんの記事が 
どうしようもなく僕の心に刺さりました。 

これです。

www.mazimazi-party.com


  
僕はこれを読んで、少しこころが軽くなりました。 

 

 

答えの出ない自問自答を繰り返す 

あんちゃさんは記事冒頭でこう言ってます。 

 

就職して2年目にさしかかるくらいのとき、仕事に熱意を注げず、自分の将来が見えず、自分の人生をどうしたいかわからず、「なんかもう全部めんどくさくて生きるの疲れたな」って感じていました。

「生きるのに疲れた」と思ったらムダなしがらみとかどうでもよくなった話 - まじまじぱーてぃー

 

彼女は社会人になって一回だけらしいですが、僕はもう 何万回も思ってますw 

本当に、ろくに考えずに生きてきてしまったので。 

でもそのたびに適当な言い訳を用意して、クソみたいなプライドを捨てられなくて、 

そうこうしているうちに、気づいたらアラサーになってました。

 
でも、そんな僕と違って彼女は思いきります。 
  

普通ならそう思ってもまた翌日からいつもの日常が戻るんですが、わたしはかなり真剣に「全てを投げ出したかった」ので、翌日会社を休んでしまいました。

「生きるのに疲れた」と思ったらムダなしがらみとかどうでもよくなった話 - まじまじぱーてぃー

 

 

そうなんですよ。日曜の夜とかにグダグダ考えちゃって、このままでいいのかなーなんて思っても、朝になったら結局会社に行っていつも通りの生活を続けてしまうんですよね。
 
しかし彼女は違いました。投げ出したいと思ったら投げ出してみることにしたんですね。そして人生どうにでもなれとふっ切れた。するとどうなったのか。
  

結果的にその「人生への諦め」が「自分本位で人生を動かす」という原動力につながったんです。 どうせ人生終えるなら、自分のやりたいことをやり、好きなことをする。”諦め”がたくさんの好奇心を生みました。

「生きるのに疲れた」と思ったらムダなしがらみとかどうでもよくなった話 - まじまじぱーてぃー

 

 

 
この、諦めを好奇心に変えるってすごいですよね。
僕みたいな凡人は投げ出せないんですよ。さっきも書いたように、いろいろと言い訳をつけて現状維持しようとする。
 
どれだけ口では変えたいって言っても、たいてい変わらないですもんね。
だって変わらないってすごく楽だから。変化するってすごく大変だから。
 
自分で考えて行動するって、ものすごく面倒です。僕もそうです。
でも彼女はそうすることにした。自分の人生を生きることにしたんですね。
 

自分の人生を歩む勇気が湧いてきた

 
この記事を見て、なんだか勇気が湧いてきたんですよ。
 
今までできなかったことが、僕にもできるんじゃないかって。
もっとやりたいことをやってもいいんじゃないかって。
他人の目なんて気にしなくてもいいんじゃないかって。
 
本当に思ったんです。
 
だから、やっていこうと。
あんちゃさんほどではなくても、まずは自分の一歩を踏み出します。
 
多分たびたび怯えるでしょう。
でも「えいや!」の精神でやってしまおうと思います。
僕の人生は、僕のものですもんね。
 
広告を非表示にする