読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃどうせいかつ

役に立たない個人めでぃあ

歌う前にやるだけ!カラオケで声を出しやすくする2つのワザ!

こんにちは、たかの(@jyadoulife)です。

 

みなさん、カラオケは行きますか?

僕は歌うのが好きなので、よく行きます。

一人でカラオケボックスに入って歌いまくることもよくあります。

いわゆるヒトカラですね。

 

さて、そんなカラオケですが、いきなり歌い出すと

思ったように声が出ないことってありませんか?

 

 

僕もたまにあるんですけど、特にちょっと高めのキーの歌なんかで

始めちゃったりすると、そのあと声が続かなかったりしますよね?

これは、顔や声帯周辺の筋肉がこわばっていて、力んだ歌い方を

してしまっていることが理由の一つにあります。

 

僕は専門家ではないですが、一時期ボイストレーニングをかじっていた

ことがありまして、その時教えてもらった2つの方法がかなり有効だったため、

これを読んでいただいた皆さんにもぜひ試していただきたいです!

(僕個人の感想です。結果にはそれぞれ個人差があります。)

 

①リップトリル(リップロール)

リップトリルは、口を閉じた状態で息を吹き出し、唇を震わせながら声を

出すことです。

 

プルルルルルッといった感じで音を出します。電話の呼び出し音のまねですね。

コツは力まずに唇に向かってまっすぐに息を吹き出すイメージです。

 

最初のうちは音を鳴らすために息を強めに出そうとします。

それだとノドや顔の筋肉がこわばって、あまり震わせられません。

 

できるだけ力まずに、吐く息の量を一定にして長く続けるようにしましょう。

そうすることで息のコントロールができるようになっていきます。

 

また、リップトリルは高い音を出す時の訓練にもなるので、

「自分にはちょっと高いかなぁ」なんて曲の前に軽くやるだけでも効果的です!

 

 例として動画を用意しました。

 


たかの リップトリル

 

いきなり林家ペー、パー子みたいな色の奴が出てきてすみません。

 

服のことはどうでもいいのですが、慣れてきたら動画のように

音を上下させるとなお効果的です。音域の幅が確実に広がります。

とはいえ最初は難しいので、まずは一定の音を長く続けられるように

なりましょう。

 

②タングトリル

タングトリルは、リップロールの舌バージョン。

つまり舌を震わせる運動です。

ポイントは

⒈口の中を「ル」と発音する形にする。

⒉舌の先が上の前歯の根元に触れるような感じにする。

⒊少し強めに息を吐くようにする。

と、いったところでしょうか。

 

タングトリルは声帯周辺の緊張をとるのに適しています。

また、喉を大きく開いてくれる効果があるので、歌声の

出しやすさがやらないのとでは全然違います。

こちらも例として動画を載せておきます。

 


たかの タングトリル

 

こちらも音を上下させるとより効果的です。

しかしタングトリルはリップトリルよりもやや難しいです。

強めの息が必要なので腹式呼吸がしっかりできることが重要です。

また生まれつき舌が短い人はやりにくいかもしれません。

そんな時は口をすぼめてやると少しやりやすいでしょう。

 

ただ、余計な力が入りやすいのでどうしても難しい人は

リップトリルだけマスターしてもいいでしょう。

それで十分効果があります。

 

みんながいる前でやったら恥ずかしい。そんな時は・・・

 

他の人がいるときにやるのはちょっと恥ずかしいですよね。

そんな時は、声を出さずに唇(舌)だけ震わせるといいでしょう。

トップバッターは譲って、誰かが歌ってるあいだにでも声なしで震わせましょう。

声を出せればベストですが、なしでも喉はちゃんと開きますよ!

 

 

慣れるまでは難しいですが、一度覚えればずーっと使える

カラオケの前の準備運動です!ぜひやってみてください!

 

 

広告を非表示にする