じゃどうせいかつ

何でも忘れる僕のメモ帳

個人経営の居酒屋でバイトしたら店長がひどかった話

f:id:jyadou-life:20170518204347p:plain

 

こんにちは。たかのです。

 

 

 

僕は大学生の頃、個人経営している居酒屋でアルバイトをしていたことがあります。

選んだ理由は仕事がゆるそうだったから。

 

 

 

マニュアルに沿った接客とかやりたくなかったんですよ。

その点、個人経営なら、わりと自由にできるんじゃないかなーと思ったんです。

 

 

 

で、働いてみたら実際ゆるゆるでした。でもゆるすぎて、その時の店長(オーナー)がいろいろひどかったんです。

 

というわけで、今回はゆるすぎて自由な店長がひどかった話を3つご紹介。

 

 

ゆるすぎ個人経営居酒屋のひどい店長のお話3選

その1:仕事中に酔っ払いすぎて動けなくなる

 

f:id:jyadou-life:20170518215135p:plain

 

当時の店は、従業員がお客さんからお酒をいただけることがありました。

 

店長はお酒が大好きなので、いつもありがたくいただいていました。

 

 

普段はもらっても一日1杯くらいなのですが、たま〜に常連さんが集まると、いろいろな人から何杯もいただくことがあるんです。

 

 

その日はビールにして5〜6杯は飲んでいたと思います。

お酒は好きでもあまり強くない店長。そうなるともうベロベロです。

 

 

注文が入っても「酔ってて作れない」などと言い出し、キッチンに座り込んでさらに飲み出す始末。

挙げ句の果てには閉店作業の時にカウンターに座り込んで眠ってしまいました。

 

 

僕が店じまいできずに困っていると、みかねた常連さんがなんと閉店作業を手伝ってくれました。しかもそのあと「大変だったね。これで何か買って帰りなよ。」と言って1000円札をくれたのです。

 

 

迎えの車に乗せられる店長と、手伝ってくれた常連さんを見送りながら思いました。

こんなのってアリなのか?」と。

 

その2:急に社員を辞めさせる

 

f:id:jyadou-life:20170523202639p:plain

ある日、店長が仕事終わりに食事に誘ってきました。

 

 

休みのメンバーも呼んだし、おごるからと言われた時に嫌な予感がしました。

 

 

夜中にバーミヤンに集められたバイト達を前にして、店長がいきなり言い出します。

 

 

店長「あいつ(唯一の社員)だけど、辞めさせたから。これからはお前たちと俺で頑張っていこうと思ってるから。よろしくな。」

 

 

 

 

 ・・・はい?

 

イトメンバー全員の頭に?マークが浮かびました。

 

 

つい先日まで一緒に働いていた、唯一の社員をいきなり辞めさせたというのです。

 

 

確かに、店長とその社員さんはたまに店の裏で、経営方針について言い争っていたのは知っていました。

 

 

真意はわかりませんが、おそらくそれが原因だったのでしょう。

 

 

仕事はできるし、よくバイトを飲みに誘ってくれる優しい先輩でした。

それを突然辞めさせたと言ってチャーハン食ってる店長。

なんなんだこいつは?

 

 

結局そのせいで、僕がバイトのシフト表を作るハメになりました。

みんながバイトに入る回数が増えたのは言うまでもありません。

 

その3:深夜作業の報酬が店の残り物

f:id:jyadou-life:20170523204504p:plain

ある時、店が改装作業をすると言うので手伝うことになりました。

 

 

店の営業が終わり次第、キッチンの工事をするための片付けをすると言うのです。

深夜までかかる作業でした。

 

 

アルバイトの参加者は僕だけでした。

なぜなら他のバイトメンバーは電車で通っていたのですが、僕だけは家が近く、歩いて帰れる距離だったからです。

 

 

きついけど、まぁ残業代稼げるかーと思って、仕方なくその日のシフトに入りました。

 

 

それなりに忙しい営業時間が終わり、閉め作業をしながらそのまま改装準備に取り掛かります。

 

 

なんだかんだで、全て終えるのに午前3時くらいまでかかりました。

 

 

眠気と疲労が限界の中で、やっと終わったーと喜んでいると

 

店長「ご苦労さん。お礼に店の残り物持ってっていいよ。」

 

と言っていろいろと渡してくれました。

改装中は営業しないし、冷蔵庫も止めるので余ってもしょうがなかったからです。

 

ラッキー!これで食費浮くわwとか思いながらタッパーに入れて持ち帰りました。

 

 

改装も終わった後日。

給料日となり、「さて、どれくらいついてるかな」と店長からもらった明細を確認すると

 

 

残業代がついてない

 

深夜割り増しどころか、普通の残業時間分すらついてません。

 

「なぜだ・・・まさか!?」

 

そう思って恐る恐る店長に確認すると

 

店長「え?だって店の残り物、あんなにあげたでしょ?」

 

 

してやられた!!

 

 

こうして、僕の深夜残業代は現物支給という形で消えたのでした。

なんでだよ!!

 

まとめ

 

個人経営のお店にコンプライアンス法令遵守)はあってないようなものです。

 

このような場所で働く場合は注意しましょう。

 

まあでも、理不尽な目にもあいましたが、その分ゆるい働き方ができたのは事実です。

 

その辺はトレードオフですね。

 

 

いまとなっては笑い話にできますし、良い教訓を得られました。

ありがとう、店長。

 

広告を非表示にする