じゃどうせいかつ

何でも忘れる僕のメモ帳

イジり=コミュニケーションだと思ってるおっさんについて

f:id:jyadou-life:20170612224130j:plain

何なの?

 

最近気になって仕方ないんです。

 

ひとのことをイジってコミュニケーション取った気になってるおっさんがすごく多いことが。

 

 

一般に「コミュニケーション」というのは、情報の伝達だけが起きれば充分に成立したとは見なされておらず、人間と人間の間で、《意志の疎通》が行われたり、《気持ちの通い合い》が行われたり、《互いに理解し合う》ことが起きて、はじめてコミュニケーションが成立した、といった説明を補っているものもある

コミュニケーション - Wikipediaより

 

ほんと、このwikipedia読ませたい。

 

大事なのは気持ちの通い合い》ですよ。

《互いに理解し合う》ことですよ。

イジってコミュニケーション取った気になってるおっさん=イジるだけおっさんにはそれがありません。

ただ上からマウントして、優越感で悦に浸ってるだけ。本当になんなの?

 

もちろんイジリもコミュニケーション方法として有効なのはわかります。

でもそれはお互いを良く知ってる、仲のいい間がらだからこそであって、よく知らないおっさんからいじられても不快でしかありません。

 

イジるだけおっさんの問題点

 

常に上から目線でものを言える存在でありたすぎる

イジるだけおっさんは総じてプライドが高い人が多いと思います。

立場や年齢が下の人に舐められたくないんですよね。

 

だから常に上から目線で物事を言って、イジる側に立つことで自分が優位になりたいんでしょう。

 

もちろん、目上の者として威厳を保ったり、指導者的な立ち位置は大事だと思いますよ。

 

でもそこに高圧的な態度はいらないじゃないですか。

 そこがすごく面倒くさいです。

 

いじられた方は不快なだけで何も残らない

気の合う友達との会話ならイジられても問題ないですし、むしろそれが楽しいことでもあります。信頼がありますからね。

 

でも、イジるだけおっさんにいじられても楽しくありません。むしろ不快です。

なぜならそこに信頼はなく、相手の立場表明に付き合わされているだけだからです。

 

「俺はこいつをイジれるくらい仲いいんだぜ〜」と勘違いしている

個人的にこれが一番やっかい。向こうが勝手にイジってきて仲良いんですよアピールしてくるタイプ。

 

何度も言うように、お互いを理解し合ってるからイジリは使えるのであって、よく知らんやつがいきなりイジってきて満足そうな顔して帰っていくんじゃねぇ〜〜!!っていつも思ってます。

 

勘違いしているので、会うたびにイジリ(高確率で同じ内容)が再発します。無限ループって怖くね?

 

自分はこうならないように戒めておきたい

僕自身も無意識にやってる可能性もあるので、気をつけないといけないなと思う次第です。

 

つねに「相手の気持ちを考える」、「変なプライドを持たない」、「相手との心の距離感を間違えない」ということを意識していこうと思います。

 

以上!駄文でした!

 

それでは!