じゃどうせいかつ

何でも忘れる僕のメモ帳

爆速でジントニックを飲むためのたったひとつのシンプルなやりかた

f:id:jyadou-life:20170705211857j:plain

 

こんにちは、自称プロアルコーラーのたかのです。

 

突然ですが、あなたはジントニックが好きですか?

 

 

僕は大好きです。スカッとするジンと、ほろ苦いトニックウォーターの組み合わせが最高にマッチしたお酒ですよね。

 

これから夏を迎え、暑い日が続く毎日。

 

こんなときは、キンキンに冷えたジントニックが飲みたくなりませんか?

なりますよね?なるだろ?おい。

 

家に帰ってから?それとも居酒屋で?

ノンノン!そんなの待ってられません。

 

俺はいますぐジントニックが飲みたいんだ!!

 

今回はそんなアル中たちのために

 

爆速でジントニックを飲むための方法をお教えしたいと思います。

 

コンセプトは「立つ鳥跡を濁さず」です。よろしくお願いします。

 

 

その1:ジンを常に持ち歩く

 

 

全ての基本であるジンがなければジントニックは作れませんよね。

 

f:id:jyadou-life:20170705215350j:plain

 

そこでこのようにジンは常に携帯しておきましょう。

真のジントニッカー(ジントニックを愛せし者)であれば、ジンを持ち歩いていることはなんら不思議なことではありません。

 

大きいサイズの瓶を買って、バッグからはみ出るように持ち歩けば、それとなくアウトロー感をかもしだすこともできます。

 

 

その2:コンビニに行く

 

どこにでもあるコンビニを利用することで、すぐにジントニックが飲める状況を作り出しやすくします。

 

なおかつ、ここではコンビニでゲットできる「ある商品」が重要になります。

 

 

その3:店内で作るアイスコーヒー用のカップを買う

 

f:id:jyadou-life:20170706212737j:plain

 

店内で作るタイプのアイスコーヒー用のカップを買います。

 

f:id:jyadou-life:20170706213520j:plain

 

いつものクセで、そのままコーヒーを作ってしまわないように。

 

それとコンビニによっては店員さんに頼んで作ってもらうところがあり、売り場にカップがない場合があるので気をつけましょう。

 

 

その4:フレーバー付き炭酸飲料を買う

 

本当はトニックウォーターがあればベストなのですが、なかなか売ってないのが一番の問題。

 

なのでここは「フレーバー付き炭酸飲料」で代用します。これならコンビニにも売ってますから。

 

とは言っても重要なのはトニックウォーターのようなほろ苦い甘さです。

 

そこでおすすめなのがこちら。

 

f:id:jyadou-life:20170706215538j:plain

 

「オランジーナ フレンチスパークリング」

 

最近出た炭酸飲料で、柑橘系のフレーバーと甘みがかなりトニックに近いです。

売り出し中なのでどこのコンビニでも買えると思います。

 

無かったら諦めてサイダーとかで代用しましょう。

 

 

その5:爆速で混ぜる

 

f:id:jyadou-life:20170706225713j:plain

 

そしたら適当にその辺でジンと

 

f:id:jyadou-life:20170706225839j:plain

 

オランジーナ(もしくはサイダーなど)を入れて

 

f:id:jyadou-life:20170706230015j:plain

 

完成!

 

爆速でジントニックができましたね。

普段コーヒーが入っている容器にジントニックが入っているかと思うと脳がバグりそうです。

 

f:id:jyadou-life:20170706230317j:plain

 

フタをつければジントニックを持ち歩きながらストローで飲むというストロングスタイルも可能です。

 

サッと飲みきってスマートに去る

 

最初に言いましたがコンセプトは「立つ鳥跡を濁さず」です。

 

コップと氷を買えばいいのでは?とお思いでしょうが、単体で売っていることは少ないですし、余った分が残ってしまいます。持ち歩くのは最低限にしたい。

 

アイスコーヒーカップを使えば、余ったコップや氷を持ち歩くことなく、サッと作って飲みきることができます。

 

飲み終えたらカップとペットボトルを捨てて、スマートに次の行動に移りましょう。

 

終わりに

 

いかがでしたでしょうか?

 

暑い季節にぴったりのジントニック、皆さんもこのやり方で爆速で作ってみてはいかがでしょうか?

 

僕はこれを作ってる時に死ぬほど蚊に刺されてかゆすぎたので、大人しく家かお店で飲もうと思います。

 

それでは!

 

 

 

 

広告を非表示にする